黒豆仙人のカンフーマインド

黒豆仙人

你好、来てくれてありがとう!

 

このコンテンツでは、

黒豆仙人のカンフーマインドのはじまりについて、

何でカンフーを、

生活にいかそうなんて考えたのか、

ってことを書いてます。

 

 

黒豆仙人のカンフーマインドはこうやってできた

僕は、中学2年の時に、

ひきこもりをしました。

 

同級生らとのトラブルから、

人間不信に陥ったのです。

そもそも親がIターンで、

田舎にやってきていたので、

僕は閉鎖的な田舎の地で、

よそ者の子、として村八分にあったり、

 

「あんな子と遊ぶな」

などと嫌な目にもあってきましたから、

不登校やった時の周囲の目は冷たく、

恐ろしかったです。

 

それがある出来事によって、

僕は勇気の一歩を踏み出してひきこもりを脱出

外の世界へと飛び出します。

 

※ 本題からそれるので、ひきこもり脱出については、別記事にかきます

 

ひきこもりを脱出から中国へ武術修行

 

専門学校に行った僕は、

縁あって中国へ研修旅行に行きます。

 

そこで見た武術の演武が素晴らしく、

また訪れたその土地に運命を感じながら、

全く知らない中国武術の神秘を、

探求しようと決意しました。

 

本物のカンフーを探すためだけに、

中国の体育大学へ留学したのです。

 

在学中、プロチームに交じって、

長拳という型演武を練習しつつ、

太極拳、気功、中国医学と健康法を学び、

 

奇跡的に出会った、

伝統武術の師父に弟子入り(拝師)してからは、

師父や兄弟子より通備武芸(つうびぶげい・tongbeiwuyi)を習い、

 

師父のすすめで散打、

中国レスリングなど格闘術を修練。

 

※ 修行中のエピソードはまた別記事で書きます

 

身体がぶっ壊れてでも、

厳しい練習をやり続けた甲斐あって、

師父

よし! できるようになったね。それ、中国武術の核心だよ~大事にね~

 

と、師父よりと心技を相承しました。

帰国後、僕は武術の指導をしています。

 

しかし、

僕は中国武術の突いたり蹴ったり、

枝葉を広めたいわけではありません。

 

師父が技術を通して、

僕に伝えた通備武芸の核心とは、

なんだったのか?

 

武術で磨き得た、

瞬発力などの身体能力はもちろん、

重要だと思いますし、

 

身体と技術は武術足らしめんとする、

大事な要素ですが、

 

僕が思うに核心とは、

 

「自分に足りないものを補い、融合し、発展する」という進歩の考え方です。

 

たとえば。

通備武芸では、八極拳(ストレート型)、

劈掛拳(曲線型)、翻子拳(速射型)といった、

それぞれ異なる特徴をもつ拳法がありますが、

 

それらを併せて習い、

掛け合わせて技術を昇華します。

 

ちょっと違いますが、

これをサッカーで例えるなら、

フォワード、

ミッドフィルダ―、

ディフェンダーなど、

すべてのボジションを経験して、

万能選手、

司令塔になるというところでしょうか。

 

僕は長年に渡り、

教室で老若男女の生徒らの成長を見ながら、

ずっと自分の武術に向き合い続けてきました。

 

おセンチになる癖がある僕は、

たびたび自分の人生を振り返ります。

 

たくさんの人と出会い、

喜び、怒り、泣き、楽しんできた。

 

そのつど思い至るのは、

「人は自分の心の合わせ鏡」のようである、

ということ。

 

  • 一歩を踏み出してひきこもりを脱出
  • 中国の体育大学へ留学
  • 師父よりと心技を相承
  • 「自分に足りないものを補い、融合し、発展する」という進歩の考え方
  • 「人は自分の心の合わせ鏡」

 

修行によって培ってきた身体、

これまでの出来事や考え方、

たくさんの思いを統合して、

試行錯誤の末に得られた今の答えが……

 

武術とは(戦闘技術を根拠とする)活きる哲学

 

活きる哲学の根幹を成す原則が、

武術三原則(呼吸、姿勢、眼法)

武術三原則は、あらゆる物事を包括し、

すべてに通ずる真理だと気付きました。

 

例えば呼吸

呼吸は単に吸って吐く、

という生物の生命維持活動だけの意味に、

留まりません。

 

呼吸は、終わりと始まり、のように、

相対的な意味を持ち、

動きの緩急や調和、

環境への適応などを包括しています。

 

それが生活の何に役立つのか?

 

具体的にいえば、

  • 呼吸を緩やかにしたら心を落ち着かせられる。(心身の相関により)
  • 呼吸を強く鋭くすれば、瞬間的な力を叩きだせる。(発力)
  • 人と息を合わせればタイミングが合って、乱せば混乱する。(調和と不和)

 

呼吸に関してだけでも、

紹介しきれないくらい、

たくさん効能や関係があります。

 

サッカーをしているなら、

先にあげた具体例が、

サッカーの様々な場面に結びつくでしょう。

 

負けそうで動揺している時、

シュートやパス、チームプレイ……。

すべて呼吸が関係しています。

 

スポーツやダンスでなくても、

心の問題にも関係あります。

人と人のやり取り、交渉事も、

生きる上でのすべての土台とは何か?

 

身体です。

 

多くの人は実体のない心を、

心で変えようと試みますが、

実体がないので変えるのは難しく、

たいがい変わりません。

 

僕の武術は、

身体から心へアプローチするから、

変わります。

 

だから、武術の三原則は汎用的で、

実生活にも応用が利くので、

本当に人の役に立つと考えています。

 

世のため人のため自分のため、に役立てたい

 

 

僕は自分が学び得た事を、

世のため人のため自分のため、

に役立てたいと思っています。

 

なぜなら、

支えてくれた家族親族、

今は亡き恩師たち、

惜しまず力を貸して下さった、

先輩、同輩、後輩諸氏、

 

「こんな自分でも、人の役に立てるかもしれない」

 

と踏み出す一歩の勇気を僕にくれた、

イベント会場で的屋をしていたオバちゃんたち、

僕を信じてついてきてくれた教室の皆、

 

そして、

どこまでも苦楽を共にしてきた、

自分に深~く感謝!

しているから。

 

だから、己を含む人の幸せのために

自分と同じような悩みや苦しみを持つ人の、

助けとなりたい。

武術を通して、

人の役に立ち、活き活きする社会に、

貢献していきたい。

 

黒豆仙人

ま、こんな感じかな

 

まとめ

  • 人と自分は合わせ鏡、全部自分に返ってくる
  • カラダが基本だろ
  • ウソでもいいから自分と人の幸せを願ってごらん

 

以上、

黒豆仙人のカンフーマインドについて、

解説してみました。

マインドを形成しているのは、

あくまで身体。

 

身体が大事です。

黒豆の娘ラン

ムチャばっかりして、し、心配なんか、しないんだからね

 

武術が、あなたの気づきに繋がることや、

生活のヒントになることがあったら幸いです。

もう少し武術について知りたい方は、

下のリンク先記事もどうぞご覧ください。

 

 

ここまで読んで下さって、

本当にありがとうございます。

次回、お楽しみに。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください