【ストレス・痛み軽減】イチバンおすすめな武術の呼吸法、丹田呼吸法その1(やり方編)

黒豆仙人

健康に不安? 丹田呼吸法を試してごらん

 

こんな人に効果的。⇓

  • 筋力低下によるフラつき
  • 不安性
  • 緊張
  • 肩こり
  • 冷え性
  • 腰痛
  • イライラ
  • 心身のダメージ・ストレス軽減
  • 運動パフォーマンスの低下

 

丹田呼吸法は、

黒豆仙人が効果を実感したカンフーの呼吸法です。

 

この呼吸法は、

片足立ちなどでも身体を安定させたり、

緊張する場面でリラックスできたりと、

即効性もあります。

 

呼吸法と合わせて、瞑想法もおすすめですのでリンク先の記事もご覧ください。

 

 

丹田ってなに?

 

丹田というのは、

気というエネルギーを集めて、

若返りの薬(内丹)を作る場所のことです。

黒豆仙人

身体のエネルギースポットって感じかな

丹田について、もう少し知りたい方は、こちらの記事へ。↓

丹田呼吸法のやり方

 

カンフーや東洋医学には、

丹田(たんでん)という部位があります。(下図を参照)

 

おへそから指三本分くらい下に丹田があります。

なんとなくでいいので手を当ててみて下さい。

 

丹田と気の通るイメージ

 

丹田呼吸法のやり方(シンプルversion)

 

  • 手順1
    1、姿勢をまっすぐにして目をつむり、意識(気)を丹田に向けます。
  • 手順2
    肛門を締めて力を入れます(提気)。
    お尻からお腹の奥に引っ張り上げるような、トイレを我慢するような感じです。
  • 手順3
    意識は丹田に向けて、呼吸は自然に吸って吐いてを繰り返します(気気帰臍)。
     

試しに5分くらいやってみて下さい。

黒豆の娘ラン

手足や体が温まってきたり、やりながら片足で立ってフラつかないなら、たぶんうまくいってますわ。

 

これを一日に数回、

必要な時、やりたい時や思いついたらすればよいです。

 

トイレに行く前とか歯を磨く前とか、

習慣的に2ヶ月やれば、

冷え性なんかは改善されてくると思います。

(冷え性改善には食事も大事)

 

ちなみに腹圧がかかるので満腹時を避けるのが望ましいです。

ところで、このやり方はシンプルにしているので、

力入れっぱなしは、

「なんかちょっとしんどい」という人もいるでしょう。

 

今度は別なやり方を紹介します。

 

その2なやり方(他のversion)

 

丹田呼吸法のやり方(他のversion)

  • 手順1
    立っても座ってもいいので体はまっすぐ
  • 手順2
    立つ人は土踏まずに重心を置く
     
  • 手順3
    息を吸う時に肛門を締めて丹田に力を入れます。
     
  • 手順4
    意識は常に丹田に向いています(気沈丹田)。
     
  • 手順5
    鼻からゆっくりと息を出し、お尻の力を緩めます。
     

 

要するに、

吸いながら丹田に力を入れ、

吐くときに緩める、です。

 

もし上記の手順で、

違和感があるなら逆にしてみて下さい。

つまり、

息を吐くときに丹田に力を入れ、

吐くときに緩める、です。

 

黒豆仙人

やっててしっくり来るのがいいさ。

三種類の丹田呼吸法を紹介しました。

人は皆それぞれ体格も感じ方も経験も異なり、

しっくりくるやり方は違います。

試してみて自分にあったやり方を選ぶとよいでしょう。

 

呼吸についてもっと知りたい方は、

こちらの記事もどうぞ。

呼吸について

まとめ

  • 肛門を締め上げるのが丹田呼吸
  • 自分に合った肚の呼吸を探せ
  • 丹田はエネルギースポット(神経の中枢)

 

呼吸法は他にもたくさんありますが、

黒豆仙人の一押しは丹田呼吸法です。

次の記事では、丹田について、

を解説しますので興味のある方は、

こちらの記事もどうぞ。

【ストレス・痛み軽減】イチバンおすすめな武術の呼吸法、丹田呼吸法その2(解説編)

他にも様々な状況や用途に応じた呼吸法がありますが、

それはまた別の機会に紹介しますね。

 

以上、読んで下さってありがとうございます。

 

8 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください