人前は苦手! 人前でも堂々とした自分になる方法(姿勢)

黒豆仙人

姿勢を変えて、心に働きかけてみよう!

 

この記事では、人前でも堂々とした自分になる方法(姿勢)を紹介します。

誰でもできる上に、癖にしやすいので、

人前に出るとテンパったり、オドオドしてしまう人におススメです。

 

腰に手を当てるポーズ(アーム・アキンボー)

 

やり方ですが、呆れる程簡単。

胸張って腰に手を当てるだけ(アーム・アキンボー)

この腰に手を当てるポーズを、アーム・アキンボーと言います。

やってみるとわかりますが、

手を当てたままだと姿勢が丸まりにくく、胸が開きやすいはずです。

 

2分間そのままアーム・アキンボーのままでいて下さい。

やる気も湧いてくるはずです。

なぜやる気が湧くかの詳細は、右のリンク先に書いてあります。⇒(やる気を出す身体の使い方

 

自信あるかどうか、堂々としているかどうかは、

姿勢に表れてきます。

 

心と体は一つ。

ならば、身体、姿勢から心に働きかけてみましょうということですが、

 

それもこれも、続けていく習慣化が大事なのですが、

この腰に手を当てるポーズならば、

とても簡単なので続けやすいと思います。

 

黒豆仙人

はっはっは! 胸を張って生きよう!

手軽でも注意点がある

黒豆仙人

腰に手を当てるポーズ。手軽なんだけど、いくつか注意点と、知っておいてほしいことがあるさ

 

腰に手を当てるポーズの注意点とは、

  • 自己顕示欲が強くなり、相手に圧迫感を与える
  • 失礼であり、マナー違反になることもある
  • 相手にこちらの心理を見透かされる

 

腰に手を当てるポーズは、動物がする威嚇行動のようなもので、

翼や体を部分的に広げて自分を大きく見せるのに似ています。

 

行動心理学によれば、腰に手を当てるポーズは、

自分を優位に見せたい強い自己顕示欲、

相手に強く訴えかけたい、

相手への拒絶、などがあるとされます。

 

威圧感を相手に与えるので、

人前でポーズする際は、使いどころも考えましょう。

 

黒豆娘ラン

は? 紹介しといてなにそれ? 人前で使えないんじゃ、どうしろっての?

 

黒豆仙人

んー、堂々とした姿勢になるのに、重要なのは胸を張るってところなんで、胸を張った姿勢ならば、別に腰に手を当てたアームアキンボーでなくてもいいんよ

 

胸を張る、胸を開く姿勢の一例として、

わかりやすく、やりやすいアームアキンボーを紹介しましたが、

 

要するに、堂々とした姿勢とは、

繰り返しますが、胸を張った体まっすぐの姿勢なので、

手の位置はさほど重要ではありません。

 

カンフーのポーズで、

胸を張った体まっすぐの姿勢美人にしていくのも、

一つの手です。

 

まとめ

  • 堂々とするには、姿勢まっすぐ胸を張る!
  • 心がダメなら、身体から心へ働きかけよう!
  • 手の位置より胴体(コア)が大事!

以上、人前でも堂々とした自分になる方法、について解説してみました。

姿勢についての解説でしたが、

最も効果的なのは、丹田呼吸です。

 

対人恐怖症の人は、人前に出るのは勇気が要ります。

僕がそうです。

そんな時、呼吸、姿勢、眼法武術三原則のいずれかをとっかかりとして、

心を強く奮い立たせるきっかけにしています。

 

ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。

 

この記事が、あなたの勇気の一歩を踏み出すきっかけや、

活き活きする助けとなれたなら、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください