発勁って何?

黒豆仙人

発勁(はっけい)ってのは勁を発すると言う意味で、勁というのは強い力。つまり、強い力を発するってことさ

 

映画や漫画、一部の妄想家の影響で、

発勁というと、小柄な人でも大男を何十メートルも吹き飛ばしたり、

触れずに気の力で相手を倒したりといった、

魔法のような必殺技だと誤解されてることがありますが、

 

発勁は超常現象ではなく、

強い力や効果を発揮する技術です。

 

この記事では、発勁について解説しています。

 

カンフーについて、他にも記事がありますので、

武術について知りたい方は下記のリンク先記事へどうぞ。

 

 

 

発勁について

黒豆娘ラン

具体的に、勁ってどういうものがあるの?

黒豆仙人

んー、そうだな。流派によっても違うんだけど、例えば、重力を利用した位置エネルギーを利用するのもそうだし、鞭のように関節や体をしならせて力を生み出すのも勁の一つだね

 

例えば勁には、以下のようなものがあります。

MEMO

「沈墜勁」(ちんついけい)重力による自然落下や、着地時に生じる地面の反力を利用する力。

「纏糸勁」(てんしけい) 四肢や体幹など各部関節の連動による、螺旋運動によって生み出される力。螺旋勁(らせんけい)とも言う。

「十字勁」(じゅうじけい)身体の中心から外に向かって、上下左右に広がる力。

「抖勁」(とうけい)   瞬間的に鞭のように体を振るわせて四肢の末端に生まれる力。

「開合勁」(かいごうけい)体幹部の開いたり閉じたりする力。

「弾勁」(だんけい)   たわんだ状態から弾かれるように出される勁。弓矢やデコピンなどがわかりやすい。

「轆轤勁」(ろくろけい) 下半身や胴の捻りから伝わって、両腕の回転から発生する力。その力の発生の仕方が、腰背部の下から上がってきた力で、車輪のように肩や両腕が回ることから、滑車に例えられる。

※他にも勁はたくさんありますし、また勁に対する考え方や捉え方は流派によってもことなります。

黒豆仙人

ちなみに、やたら日本では発勁って言葉が独り歩きしてるけど、中国本土の武術家が発勁って言ってるの、ほぼ聞いたことないね。発勁よりも、力を発するってそのままの意味で、「発力(ファーリー・Fā lì)」って言うのが一般的よ

まとめ

  • 勁は、強い力。
  • 発勁は、強い力や効果を発揮すること。またその技術。
  • 勁には、種類がいっぱいある

 

以上、発勁についてざっくり解説してみました。

 

ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。

今後、具体的にそれぞれの勁についても、解説していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください