やる気を出す身体の使い方

黒豆娘ラン

なんかやる気でないな~

黒豆仙人

やる気が出ないなら、マジンガーZのブレストファイヤーを試してごらん

 

こんな人に効果的。⇓

 

  • やる気が出ない人
  • 落ち込んでいる人
  • 不安な人
  • 背中がいつも丸まっている人
  • 巨大ロボットが好きな人

 

「やる気が出ない」は悩む人の多い問題です。

そこで身体の使い方から気持ちを切り替える、

きっかけにしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

やる気を出す、意志力を回復させる方法は、

他にもありますので、

こちらの記事も参考までにどうぞ。

 

やる気を出す身体の使い方

 

やる気の出し方を紹介します。

 

マジンガーz のブレストファイヤー

永井豪・ダイナミックプロ/東映アニメーション TVアニメ 「マジンガーz 」より引用

 

やる気出すやり方

「ブレストファイヤー!!」と声を出しながら、

天を仰いでガッツポーズする。(上図の引用画像参照)

 

コツは、

  • ポーズを作る時に自分に聞こえる程度に声を出すこと。(呼吸法)
  • 胸を開く動きをすること。(姿勢)
  • 水平より上を見ること。(眼法)

 

この3点です。

以上です。とても簡単ですね。

 

マジンガーZのブレストファイヤーのポーズや、

名称に必然性はないですが、

この身体の使い方は冗談ではありません。

 

ポイントは、

胸を開くことと、声を出すことにあります。

 

何でやる気が出るのか解説

 

なぜこれがやる気を出す方法なのか、

解説いたします。

 

胸を開いて声を出すと、

やる気が出るのは脳の状態が変化するからです。

 

 脳に刺激を与える3つの要素

声を出す(呼吸)

 

声を出すのは聴覚に刺激を与えることで、

「やるぞ、起きろ」と脳に信号を送るためです。

 

もちろん「ブレストファイヤー」でなくてもよいです。

野性的に「ウォオオオ!!」とか、

朝起きて伸びをする時のような、

「ウーン……」でもいいと思います。

 

“ウ”や“オ”の音は頭に響きやすいです。(ヨガで言うマントラ)

 

胸を開く積極的な姿勢(姿勢)

 

胸を開くことによって、

心を積極的で活動的な状態になるように、

働きかけることができます。

 

人間は、

悲しい、不安、つまらない、やる気ないなど、

消極的な気持ちの時は、

ガックリうなだれたように体が前へ屈んで丸まり、

胸が閉じた状態となります。(下図左参照)

 

逆に、元気、嬉しい、自信、やる気に満ちた時など、

積極的な時、人の体は胸が開いた状態になっています。(下図右参照)

 

このことを裏付ける根拠に、ハーバード大学の社会心理学者、

エイミー・カディ氏がTED(テド、: Technology Entertainment Design)で、

2分間力強いポーズを作り続けることにより、

 

テストステロンというやる気や幸福感の元となる、

ドーパミンを作る体内ホルモンが変化し脳の状態が変わる、

と発表しています。

 

また、人間は行動することによって、

脳の側坐核という神経細胞が刺激され、

活発になることでやる気が出るという仕組みになっています。

見上げる(眼法)

 

見上げるのには理由があります。

 

顔を上げることで自然と体が開くほか、

目を動かして今見えているものと違うものを見ることで、

視覚に刺激を与えるためです。

 

見上げるのは真上でなくて斜め上方向です。

 

空や天井の明かりなど、

光によっても脳に刺激がいきますが、

夜はやめときましょう。

 

夜遅くだと蛍光灯でも刺激が強すぎて睡眠の質に影響します。

朝起きて、夜は寝ましょう。

 

ちなみに眼球を動かすことは、

眠気覚ましにも効果があります。

 

運転中にも目を動かすのは効果的ですが……、

天井は見ないようにしましょう。

 

あの世で目を覚ますことになります。

黒豆仙人

この胸の開閉が心に影響与えることを、僕は通備武術を修行中(2006年頃)に実感したよ

 

黒豆娘ラン

そんな自慢どーでもいいから、お父さんロボット買って! ねぇー買ってよー!

 

子ども心に熱きマジンガーZのハートを!

 

まとめ

  • 胸を開くこと、声を出すこと
  • 呼吸、姿勢、眼法の武術三原則が大事なんだよ
  • つべこべ言わずに2分間そのマッチョポーズを続けろ

 

心と体が一つならば、

体を変えることで心の状態にも影響があります。

心の閉じた消極的な姿勢から、

胸の開いた積極的な姿勢に変えることによって、

心の状態にアプローチしてみるのはいかがでしょうか。

 

眠っている脳みそを叩き起こす、

きっかになるかもしれません。

 

注意

紹介した方法は、

あくまでいつも姿勢の悪い人への応急処置です。

精神疾患がある、もしくは過度に疲労している場合は、

すなおに休んでください。

 

また普段から胸を開きっぱなし、

反り腰の人はとても活発な傾向があります。

しかし、そのままだと、いつかポッキリ折れるので、

逆に胸を閉じたりバランスを取ることを、

おすすめします。

 

やる気を出す、意志力を回復させる方法は、

他にもありますので、こちらの記事も参考までにどうぞ。

読んで下さってありがとうございます。

お役に立てましたら幸いです。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください