【太極拳】始まりにして奥の深い基本の動き、起勢

黒豆娘ラン

太極拳で始めに習う初歩の基本動作、起勢(きせい・チィシー・Qǐ shì)について解説するね

 

本記事では、初心者向けに覚えられるよう、起勢のシンプルversionのやり方と、

ちょっと突っ込んで中級者向けのversionを解説します。

 

ざっくり言ってしまえば起勢は、手の上げ下げです。

 

もちろん工夫と練習を積み重ねていくと、身体はどんどん動くようになり、

胴体や各部関節が協調して複雑な動きができるようになります。

 

そもそも太極拳を知らない人は、

下記のリンク先から別記事をクリックしてご覧いただけます。

 

起勢(きせい・チィシー・Qǐ shì)のやり方

 

起勢(きせい・チィシー・Qǐ shì)は、

冒頭で紹介した通り、腕を上げ下げするだけの動きですが、

 

太極拳の基本練習や套路(型)を練習する際、

だいたい開歩と起勢はセットで行いますので、

 

初心者の方は先に進む前に“開歩”、

初歩! 太極拳で最初にやる、開歩・開立歩

という足の動きを確認しましょう。

 

起勢のやり方(初心者向けのシンプルversion)

  • 手順1
    開歩で足を肩幅に開いて立つ。
  • 手順2
    両腕をまっすぐのまま、両腕を上に挙げる。手首から先は脱力。
  • 手順3
    肩の高さまで挙げる。
  •  
  • 手順4
    肘から先に、両腕を下げていく。

  • 手順5
    重心を落としながら両腕を下げる。

黒豆仙人

要するに、ゆっくり腕を挙げて、下げる時に腰も落とす。そんだけ。ま、挙げて降ろしてで8~10秒かけて、4回くらいやってごらん。

黒豆娘ラン

呼吸は自然に。最初はとにかく肩の力を抜くため、丹田(下腹部)に力を入れて動くといいわ

 

さて、お次は中級編。

 

注意する点が増えますが、一度に全部意識するのは難しいので、

練習の際は、細分化してどれか1点に要点を絞って、

練習に取り組むといいです。

 

太極拳の偉い先生方は、一度にあれこれ言う人もいますが、

一遍に全部は、僕も無理です。

 

1点だけ、念頭に置いて練習するとよいでしょう。

 

起勢のやり方(中級者向けversion)のやり方

  • 手順1
    足を肩幅に開いて立ちます(開歩)。
     
  • 手順2
    骨盤を後傾させて鳩尾の辺りを後方、斜め下へ引き落とす(含胸抜背)。
  • 手順3
    両手を下から前方にくぐるように、楕円を描いて前へ送る。この時、肩甲骨と胴体部によって腕を動かし、極力、膝を曲げない。肩をあげないこと。
  • 手順4
    肘から先に降ろしていく。手はなびくように肘についていく。肘を落としながら腰を落とす。
  • 手順5
    膝がつま先を超えない程度に腰を落とし、掌をお腹まで下げる。

黒豆娘ラン

回数は気にしなくていいから、繰り返すけど自分の気になる改善点を一つだけ絞って練習するといいわ。慣れたら16~20秒と時間を長くかけて練習してみてね!

 

 

コツ

肩に力が入る場合は、呼吸を意識するか、丹田に力を入れるか、広く遠く眺める(眼法)かする。(武術三原則)。

下を見て顔を下げないこと。

黒豆仙人

腕を挙げる際、まっすぐ上に挙げないようにね。腕を上から押さえられた時、力と力がまっすぐ対抗してぶつからないようにって意味もあるんだ。

上から押さえられると、力がぶつかるので、楕円を描いて動けば衝突しない

 

まとめ

  • 起勢は、腕の上げ下げ
  • 肩の力を抜くには、丹田に力を入れ、眼法を正す
  • 取り組む練習の課題を一つに絞ること

 

起勢(きせい・チィシー・Qǐ shì)、についてでした。

 

たかが腕の上げ下げですが、

身体が動くようになってくると、効率よくムダな力が省けてきます。

 

当ブログで紹介している練習方法などをやっていくと、

肩周りや胴体の動きがスムーズになってパフォーマンスがあがり、

太極拳ももちろんですが、様々なスポーツでも役立つと思います。

 

下記のリンク先記事が役立つかもしれません。

また別の太極拳の歩法も試してみて下さい。

ご覧ください。

 

以上、読んで下さってありがとうございます。

読んで下さったあなたの生活に、武術がちょっぴりでもお役に立ったのなら幸いです!

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください