肩こりのストレッチで姿勢を正す、胸と肩のベーシックカンフーストレッチ5

黒豆仙人

慢性的に肩こりだとつらいよね。カンフーの胸と肩のストレッチで肩凝り解消していこう!

 

この記事では、胸と肩のベーシックカンフーストレッチその5を紹介します。

 

肩こりと言っても原因は様々ありますが、

その一般的な原因は、

長時間のデスクワークなどで猫背、

眼の使い過ぎや、

精神的ストレスからくる緊張などが考えられます。

 

今回のストレッチでは、あまり日常でやらない動きだと思いますが、

胸や肩、体側も伸びて、姿勢の改善に役立つので、

肩こりの方におすすめです。

 

もちろん、カンフーや他のスポーツでも肩関節が柔らかくなるので、

身体能力は向上しますよ。

 

もし肩が痛すぎて腕が上がらないほど重症なら、

ストレッチよりも呼吸法や土台である足腰を整えたり、

あるいはストレスを軽減することを試してみた方がよいかもしれません。↓

 

胸と肩のベーシックカンフーストレッチその5

 

紹介するストレッチは、寝ながらでもできるのですが、

立ってやる場合は、壁に近づいてやります。

 

胸と肩のベーシックカンフーストレッチその5、のやり方

  • 手順1
    立って始める場合は壁から少し離れて立つ。寝てやる場合は床に寝転んで、体側を下にして横になる。
  • 手順2
    腕をまっすぐ上に伸ばし、掌から腕、体側を壁に寄せていく。痛い場合は無理せずやらないか、壁から離れて加減すること

  •  

黒豆仙人

身体を柔らかくしたり、リラックスするなら、ストレッチの時間は片方で30秒くらい(運動前なら6秒程度)やってね。痛いほどやらないように

 

こんなことできるかな?(ステップアップ)

黒豆娘ラン

フフフ、ただのストレッチなんて簡単すぎるわ。

黒豆仙人

肩こりなくて、肩柔らかい人にとってはそうだね……そもそも、難しさを求めるものでもないけど。

黒豆娘ラン

他に何か、難易度の高いやり方とかないの?

黒豆仙人

ストレッチと違うけど、ちょっとした身体の使い方の巧緻性を高める体操があるよ。

胸と肩のストレッチからの練習方法

  • 手順1
    壁に掌、腕、体側、腰(大転子)をくっつけて、足は一足分ほど壁から離す。
  • 手順2
    身体を壁にくっつけたまま、ゆっくりその場にしゃがむ。(倒れないように注意

  •  

黒豆仙人

よけいな力みがあると、壁に力がぶつかってよろめいちゃうね。力を抜いてリラックスして動けるかどうかがポイントさ。

まとめ

  • 胸・肩のストレッチは立っても寝ながらでもできる
  • 痛いならやめておこう
  • 運動前は6秒、リラックスするなら30秒ほど

胸・肩のベーシックカンフーストレッチその5、についてでした。

 

ストレッチでリラックスでき、肩こりの改善に役立ったら幸いです。

 

カンフー式に身体を柔らかく、足腰を鍛える方法もあります。

もしよかったら、他のストレッチやカンフーの筋トレもお試し下さい。

 

以上、読んで下さって、謝謝!

ご縁のあったあなたが、健やかに、そして幸せでありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください