バットのスィング、打つ、運動パフォーマンスをあげる武術の基本練習(甩手)

黒豆娘ラン

カンフーの基本練習で、力みが取れて全身の協調性があがる、甩手(シュワイショウ・Shuǎishǒu)について解説するね

 

 

甩手(シュワイショウ・Shuǎishǒu)は、両腕を横に振り回す動きです。

 

肩周りをリラックスする軽い運動、

スポーツの準備運動としてもおすすめです。

 

格闘技の打撃もですが、

野球、テニス、ゴルフなど、

スィングする際、足腰などの根幹の動きは同じなので、

腕や肩の力を抜き、全身の連動した動き、各部関節の協調性の向上に、

甩手は役立つと思います。

 

甩手(シュワイショウ・Shuǎishǒu)のやり方

 

甩手(シュワイショウ・Shuǎishǒu)は、

腕を手を降ろして終わる動きですが、

 

甩手(シュワイショウ・Shuǎishǒu)のやり方

 

  • 手順1
    足を肩幅に開いて立つ(開歩)。

  • 手順2
    横へ腕を振る。肩の力を抜き、足腰、胴体の動きだけで腕を振り回す。

  • 手順3
    腕の力が抜けていれば、腕が胴体に巻きついてくる。
  • 手順4
    反対へ腕を振る。

     

  • 手順5
    止まらずに繰り返し水平に振りまわす。

黒豆娘ラン

まー、最初は左右8回ずつ。つまり4往復やってみて。やれそうならその都度セット数を増やしてみてね

黒豆仙人

肩に力が入る場合は、足の捻りを意識するといいよ。下半身の回転力で腕が振り回される……ちょうど、でんでん太鼓のような身体の使い方だね
でんでん太鼓ってこれ ↓


まとめ

  • 甩手は左右水平に腕を振り回す。
  • 肩の力を抜くには、足の捻りを意識する
  • でんでん太鼓のように、左右8回数セットやってみ

 

甩手(シュワイショウ・Shuǎishǒu)、についてでした。

 

甩手は、劈挂拳(ひかけん)という伝統武術の基本練習です。

 

ところで、甩手を一生懸命やりまくると、手に血が集まってきてパンパンになり、内出血します。

黒豆仙人

そう、やり過ぎると痛いような重いような、腫れてる感じになる。もしも、やり過ぎたらしばらく手を頭の上に挙げて、溜まった体液を戻そう

 

肩周りのエクササイズや劈挂拳に関係ある基本練習は、

下記のリンク先記事をご覧ください。

 

以上、読んで下さってありがとうございます。

読んで下さったあなたの生活に、武術がちょっぴりでもお役に立ったのなら幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください