胸を開いて、心と身体の柔軟性を! 怒り肩をなで肩する武術の基本練習(双劈掌)

黒豆娘ラン

怒り肩を解消する武術のエクササイズを紹介するね。劈挂拳の双劈掌(そうへきしょう・シュワンピージャン・Shuāng pī zhǎng)についてだよ

 

本記事では、双劈掌(そうへきしょう・シュワンピージャン・Shuāng pī zhǎng)のやり方を解説します。

 

肩こりや怒り肩で悩んでいる方にもですが、

結構ダイナミックで爽快な動作なので、

塞ぎ込んだ心や気分の晴れない時にもおすすめですよ。

 

心と身体は一つ。

 

あなたの気分が沈んでいる時、いつでも気分が晴れない時などは、

おそらく胸が閉じた猫背の状態でしょう。

 

常に気持ちが下降気味で鬱ならば、

無理に元気になる必要はなく、休む時は休んだ方がいいですが、

もし、嫌なことがあったりで気持ちが晴れないのなら、

身体から変えてみることが、気分転換のきっかけとなるかもしれません。

 

始める前に、肩のストレッチや胴体の運動をしておくと、

よりスムーズに肩が動かせるようになると思います。

下記のリンク先から別記事をクリックしてご覧いただけます。

 

双劈掌(そうへきしょう・シュワンピージャン・Shuāng pī zhǎng)のやり方

 

双劈掌(そうへきしょう・シュワンピージャン・Shuāng pī zhǎng)は、

伝統武術、劈挂拳(ひかけん・ピーグワチュェン・Pī guà quán)の基本練習です。

 

双劈掌(そうへきしょう・シュワンピージャン・Shuāng pī zhǎng)のやり方

 

  • 手順1
    肩幅に開いて立つ。(開歩

  • 手順2
    お腹の前へ両腕を持ってきて交叉する。力を抜いて腕を挙げる。

  • 手順3
    胸を後ろへ引き、骨盤を後傾させる(含胸抜背)。両腕を頭の上へ挙げる。手首から先は完全に脱力。
  • 手順4
    胸を開いて両腕を左右横へ腕の重みで落とす。手の甲は下、掌が上を向いたまま。

     

  • 手順5
    掌は外側を向いたまま、親指は後ろ向きに手の甲でお尻を叩く。
注意
肩を怪我している時はやらないこと。

肩の力を極力抜くべく、下っ腹をひっこめるようにして丹田に力を入れ、意識すること。

腕を頭の上から落とす時、胸を開いて、繰り返しますが、腕の重さで落とすこと。

黒豆仙人

難しいことは気にしないで、頭の上まで挙げた両手をリラックスして落としたらいいよ。ま、8回を2~3セットやってごらん。

まとめ

  • 双劈掌は、挙げた両手をお尻へ落とす。
  • 胸を閉じて挙げて、開いて落とす。
  • リラックスして、8回を2~3セット

 

双劈掌(そうへきしょう・シュワンピージャン・Shuāng pī zhǎng)、についてでした。

 

胸を開くことって、日常生活ではあまりしない動きですね。

しない人が多いのではないでしょうか。

 

もしかしたら、あなたにとって双劈掌は難しい動きだったかもしれません。

 

もっと優しい姿勢改善方法があります。

 

また胸を開くことについて詳しく解説もしている記事があります。

あなたのマインドを上向きに変えるのに、下記のリンク先記事が役立つかもしれません。

 

以上、読んで下さってありがとうございます。

読んで下さったあなたの生活に、武術がちょっぴりでもお役に立ったのなら幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください