肩の無駄な力みを取る! 怒り肩をなで肩する武術の基本練習(反劈臂)

黒豆娘ラン

怒り肩を解消する武術のエクササイズを紹介するね。反劈臂(はんぴひ・ファンピービー・fǎn pī bì)について解説だよ

 

本記事では、反劈臂(はんぴひ・ファンピービー・fǎn pī bì)のやり方を解説します。

 

肩こりもですが、怒り肩で悩んでいる方におすすめです。

 

肩甲骨が柔軟に動き、なで肩になってきます。

猫背でなで肩なのではありません。

 

反劈臂によってムダな力みがなくなり、肩甲骨の可動域が広がるため腕も長くなり、

結果としてなで肩になります。

 

始める前に、肩のストレッチや胴体の運動をしておくと、

よりスムーズに肩が動かせるようになると思います。

下記のリンク先から別記事をクリックしてご覧いただけます。

 

反劈臂(はんぴひ・ファンピービー・fǎn pī bì)のやり方

 

反劈臂(はんぴひ・ファンピービー・fǎn pī bì)は、

伝統武術、劈挂拳(ひかけん・ピーグワチュェン・Pī guà quán)の基本練習です。

 

反劈臂(はんぴひ・ファンピービー・fǎn pī bì)のやり方

 

  • 手順1
    自分の太腿に掌を当てる。

  • 手順2
    指先に至るまで手をまっすぐ、力を抜いて腕を挙げる。

  • 手順3
    胴体を捻って、耳の横を腕が通る。
  • 手順4
    真後ろへ腕を回す。

     

  • 手順5
    手の甲でお尻を叩く。同じ要領で、今度は前に向かって腕を振り、太腿を叩く。前後に繰り返し往復する。
注意
流派によっては、顔を前に向けたまま、腕だけ振るやり方もありますが、黒豆仙人は腕のほうに顔向けることをおすすめします。

その方が意識と力を集中でき、動きもスムーズで、肩にかかる負担が少なくなるからです。

顔を固定したままと、顔を腕に向けるのと二種類試してみて、自分のやりやすい方でやるといいと思います。

黒豆仙人

慣れたら素早くリズミカルにやるんだけど、最初はゆっくりやったらいいよ。前後に4往復を1セットで、左右2セットずつ試してみて。

まとめ

  • 反劈臂は、前後に腕を振って、お尻と太腿を手で叩く。
  • 反劈臂は、劈挂拳の基本練習
  • 前後に4往復を1セットで、左右2セットずつやってみ

 

反劈臂(はんぴひ・ファンピービー・fǎn pī bì)、についてでした。

 

怒り肩の人ももちろんですが、

肩の力みが抜けて、動きがスムーズになるの、

様々なスポーツでも役立つと思います。

 

姿勢の改善、あるいはスポーツに役立てるのなら、

下記のリンク先記事が役立つかもしれません。

 

以上、読んで下さってありがとうございます。

読んで下さったあなたの生活に、武術がちょっぴりでもお役に立ったのなら幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください