怒り緊張ストレス軽減! 心身のダメージを減らす武術の呼吸法シガレットブリージング

黒豆仙人

イライラとか、ガチガチって時に武術の呼吸法で心身のダメージを軽くできるよ!
この記事では、

肉体的なダメージに限らず、

怒りや緊張などの心の負荷、ストレスなど、

心身のダメージを軽くする武術の呼吸法を紹介します。

 

ダメージ軽減の呼吸法について

 

ダメージ軽減の呼吸法はとってもシンプル

 

口から息を吐く。

 

鼻から吸って、口から吐く。

たった、これだけです。

 

やり方の詳細はあとで解説します。

 

黒豆の娘ラン

え、何言ってんの、お父さん? これだけなの?

 

そうです。

 

呆れるほどシンプルですが、

残念ながらあなたが心身のダメージを負った時や、

感情に呑まれてしまっている時には、

 

そんなことさえ、忘れてしまっているはずです。

 

黒豆仙人

さて、次は呼吸法の具体的な説明しちゃうよーん

 

シガレットブリージング

 

タイトルから想像がつくでしょうか?

 

鼻から吸って口から吐く呼吸法の一つで、

口を“う”の形から、「フゥーーー」と長く吐きます。

 

要点
  • 心地いいだけの長さが基本。
  • だいたい吸う息の倍かけて吐く。
  • 心的ストレスの場合は長めにする。
  • 重いもの持つ、走るなど、運動強度が強い時は感覚を短めにする。

 

その様子がタバコの煙を吐くのと同じなので、

・・・・・・名付けて、(by 黒豆仙人)

 

シガレットブリージング!

 

シガレットブリージングは、

喫煙者になったつもりで、カッコよくやってください。

 

ゴルゴ13 漫画原作・さいとう・たかを / さいとう・プロダクション 出版社、小学館より引用

 

シガレットブリージングでかなりダメージ軽減できますが、

呼吸の次は姿勢をまっすぐにして、遠景を眺めることを心掛けましょう。

それでぐっと回復力が高まり、

 

不安定な心の状態を、一旦リセットすることができます。

 

心をゼロに戻してしまえば、

心身のパフォーマンスは最効率化、最適化されるので、

 

より冷静な判断を下せる可能性と、

課題解決の対処がやりやすくなるはずです。

 

 

呼吸法は自分を取り戻すためのきっかけ

 

運動や痛みなどの肉体的なダメージの場合は、

運動をやめたり痛みの原因が除かれれば自然に回復しますね。

 

これと同じように、

心の問題も抜本的な解決をする必要があります。

呼吸法で軽減はできても、

発生し続けるダメージそのものをなくすことはできません。

 

ダメージを受け続けているのに、

それを避けなければ如何にダメージを緩和しても、

いずれ痛みがあなたの意志力に勝って、

限界を超えてしまいます。

 

黒豆の娘ラン

パワハラ? モラハラ? 逃げるが勝ちよ。それかゴルゴ先生に殺しの依頼するかだよね

 

ゴルゴ13を知らない人も、懐かしい人も一読おすすめです。

 

補足的な説明やら注意点やら

 

シガレットブリージングについて、

補足説明と注意点について触れます。

 

人は疼痛や疲労、プレッシャーなど、

心理的なストレスを受けると、

心身の状態に影響を与えるホルモンの、

コルチゾール濃度が上昇します。

 

必要な身体の防衛反応ですが、

ストレスが続くと適応力が低下して、

心身のパフォーマンスが落ちてしまいます。

出典 唾液を用いたストレス評価 – J-Stage井澤修平 著 – ‎2007 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/4/3/4_3_91/_pdf

出典 ストレスと疲労のバイオマーカー – J-Stage田中喜秀 著 – ‎2011 –https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/137/4/137_4_185/_pdf

 

まあ、要するに身体の反応としては、

緊張して呼吸は浅く詰まってくるのですね。

 

呼吸が浅く詰まって緊張してくると、

心にますます余裕がなくなって、

姿勢の硬直化、視野狭窄と連鎖的に、

心身の負のスパイラルにハマります。

 

よく僕はクラスの生徒にも説明しますが、

 

「緊張は心と体のガラス化だ」

 

と言います。

 

こんにゃくをハンマーで殴っても割れにくいですが、

ダイヤモンドはハンマーで叩くと砕け散ります。

硬質なものって強そうでいて、

あんがい衝撃に脆いのですよ。

 

それは人間の心も体も同じ。

 

心も体も硬化させると、ダメージに脆くなり、

パフォーマンスが低下しますので、

柔らかいリラックスした状態でいる方が最適です。

 

では、どうやってリラックス状態にするのか?

 

ずばり、

心と身体は相関関係があるので、

呼吸というカラダの動きによって、

心に働きかけてコントロールするのです。

 

心の土台であるカラダから変えたら、

ストレスやら心の問題やらも解決するきっかけになるはずです。

 

というわけで、口から息を吐きますが、

何でも用法容量があります。

 

シガレットブリージングは下記のような場合に有効です。

 

  • イラッときてムカついた
  • 思い通りにならなかった
  • ショックを受けた
  • 緊張している
  • 重い物を運んでいる、運んでいた
  • 息が切れている
  • 痛い

 

注意

鼻から吸って口から吐くのは全身がリラックスしますが、

疲労を感じたり、イラッとしたり、緊張したりなど、

心身に負荷を感じた時にしましょう。

 

ストレスも何も感じない時にやると、

弛みすぎてダラけちゃうからです。

吐き終わったらすぐに姿勢をまっすぐして、

正すことを心掛けましょう。

 

鼻から吸って口から息を吐くというのは、

強い力や負荷を軽減して生き残るための武術特有の呼吸法です。

 

通常モードならば鼻から吸って鼻から吐く、で十分です。

ヨガがそうですよね。

ヨガで、口から吐け、なんて教えている流派はないはずです。

 

だってヨガは、

殺し合いのような極限状態で、

戦って生き残るために作られているわけではないから。

 

しかし、今は生き馬の眼を抜くようなストレス社会。

 

腹の立つことや緊張すること、不快なことなど、

心身にダメージを受けることはしょっちゅうかと思います。

 

だから今の時代こそ、活きるために、武術こそが役立つと僕は考えます。

 

ちなみにシガレットブリージングの名前の由来は、

フーッと吹くとこだけがタバコの雰囲気に近いからです。

 

口から息を吸うのでも、

鼻からタバコを吸うわけでもないので、

そのあたりは誤解なきよう。

 

鼻から吸って口から吐く、です。

お間違えのなきよう。

まとめ

  • タバコの煙を吐くように
  • 呼吸の次は姿勢、眼法(がんほう)を正す
  • 心身をゼロに戻したら抜本的解決へ

 

呼吸法でストレス軽減する方法、

シガレットブリージングを紹介しました。

 

シガレットブリージングは、

丹田呼吸法内観(止観)などと組み合わせて行うことができます。

呼吸の長さや強さなども含めて、自分にあったやり方で、

自分流にカスタマイズしてみるとよいでしょう。

人はみな違いますから。

 

記事の中に出てきた、呼吸、姿勢、眼法については、

武術三原則で解説していますので、興味がございましたら記事をご覧ください。↓

これだけ知っとく究極の武術三原則(黒豆仙人流)

 

呼吸法はまだ他にも方法があります。

それらはまたの機会に紹介していこうと思います。

 

あなたの痛みが少しでも軽くなり、

人生の活き活きにお役に立てましたならば、幸いであります。

12 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください