【ストレッチ】硬くなった筋肉を柔らかくする肩のベーシックカンフーストレッチその1(圧肩)

黒豆仙人

おー効く効く! カンフーでやる肩のストレッチで、肩周り解していこうか

 

記事では、肩のベーシックカンフーストレッチその1(圧肩)を紹介します。

ちなみに、圧肩(ヤージェン・Yā jiān)は中国語で肩のストレッチです。

 

以下のような効果が期待できます。

  • 体が柔らかくなる
  • 肩こりを改善できる
  • 姿勢がよくなって代謝が上がり、ダイエットにもつながる
  • 腕がスムーズに動くようになる

 

肩甲骨の可動域が広がることで腕の動きはスムーズになり、

技の幅も広がり姿勢の改善にも役立ちます。

 

 

読みすすめられる前に、呼吸法、準備運動に開合などをしておくと、

より安全に、効果的にできると思います。

まだの方は確認お願いします。↓

 

肩のベーシックカンフーストレッチその1(圧肩)のやり方

 

まず、ストレッチを始める前に、どこか壁や安定した物につかまって下さい。

 

肩のベーシックカンフーストレッチその1(圧肩)のやり方

  • 手順1
    肩幅に足を開いて、安定した物に手をおく。もちろん、壁でも可能。
  • 手順2
    手を置いた物や壁から距離を置き、息を吐きながら、上体を下に傾けていく。この時、お腹や胸から地面に下げるようにする。頭から下げると肩への負担が大きくなり怪我しやすくなる

  • 手順3
    腕の幅は肩幅が基本で、応用的には腕を広げたり狭めたりもできる。棒や柱などを使ってもストレッチ可能

黒豆娘ラン

胸を開いて、腰を反らすような感じでやるといいかな。
注意

1、近くに物や人がいないか安全確認する。

2、倒れないようにすること。

3、無理に上体を下げようとしないこと。(肩を怪我するから)

 

黒豆仙人

身体を柔らかくしたい目的なら、30秒くらい(運動前なら6秒・※1)でいいと思う。慣れてきたら徐々に上体を低くしてみてね。呼吸を忘れずに!

 

※1 目的に応じてストレッチすること

身体を柔らかくするならストレッチは30秒くらい。準備運動なら6秒程度

参考文献 ⇒ 短時間の静的ストレッチングが柔軟性および筋出力に及ぼす影響

肩が柔らかいと武術的にはどんないいことがあるの?

黒豆娘ラン

肩のストレッチで柔らかくなると、武術的にはどんないいことがあるの?

黒豆仙人

そうだなぁ。肩甲骨の可動域が広がると、手の届く距離も伸びるし、腕を回すような動きはよりスムーズになるし、捉まれた時や関節技をかけられた時などに逃れやすくなるかな

 

まとめ

  • 肩のストレッチはやりすぎに注意
  • コツはお腹から下げるようなつもりでやる
  • 蹴り技が色々できるようになる

肩のベーシックカンフーストレッチその1、についてでした。

 

デスクワークなどで肩凝る人は多いかと思います。

ストレッチはもちろん、やりすぎはよくありませんが、

短い時間でも1日の内に小分けにして、

ほんの少しずつやると凝りの改善に効果的です。

 

カンフー式に身体を柔らかく、足腰を鍛える方法もあります。

 

以上、読んで下さって、謝謝!

ご縁のあったあなたが、健やかに、そして幸せでありますように!

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください