防ぎながら攻める攻防一体の動き・格挡(手法)

黒豆娘ラン

カンフーの防御の型、格挡(かくとう・ガァダン・Gé dǎng)のやり方を説明するわ

 

記事では、長拳太極拳などでも出てくる、

格挡(かくとう・ガァダン・Gé dǎng)を紹介します。

以下のような効果が期待できます。

 

読みすすめられる前に、カンフー馬歩長拳など、

ご存じない方は確認お願いします。↓

 

格挡(かくとう・ガァダン・Gé dǎng)のやり方

 

初心者でもできる長拳の初歩的なポーズ、

馬歩格挡について解説します。

 

馬歩格挡のやり方

  • 手順1
    馬歩になる。両脚開いて体まっすぐ拳を握る。
  • 手順2
    横から前腕を身体の中心に持ってくる。

  • 手順3
    前からの攻撃を横へ払いつつ抑えるようなつもりで、肘を前へ持ってくると綺麗にできる。反対の拳は脇へ絞ったまま。

MEMO

1、腕を身体の中心に持ってくること。

2、丹田に力を入れること。

武術でいう丹田(たんでん)、つまり下腹部をひっこめるようにして力を入れることで、腹腔内圧を高めることができ、下半身が安定して、上半身の無用な力が抜けます。

 

黒豆仙人

最初はゆっくりでいいから、馬歩の形のまま、左右交互に10回×3セットくらいやってみてね。丹田呼吸を忘れずに!

 

馬歩格挡について

黒豆娘ラン

格挡て、武術的には何の役に立つの?

黒豆仙人

例えば、突いてくるのを横へ払う防御の形だな。

黒豆娘ラン

へー、ボクシングで言うパリィ(手で払う)と似た感じ?

黒豆仙人

ちょっと違う。ボクシングと違うのは、格挡は前へ出て相手の攻撃を押さえる攻めにもなるよ。武器を持った時の動きでもあるからね。
ちなみに馬歩など低い姿勢の場合は、肘関節をきめたりする格好になるね

片方の手は引き、前腕で相手の肘関節をきめて引き落とす。引用: http://www.wushu100.com/uploads/allimg/140212/1110413415-4.jpg

まとめ

  • 格挡の腕は、胸の中心に持ってくる
  • 攻撃を防ぎながら押さえる攻防一体の動き
  • 関節をきめる動きでもある

 

馬歩格挡、についてでした。

 

格挡は払いのけて防ぐ、という意味なので、

今回は内側に払う動きでしたが、外側に払う動きもあります。

 

馬歩格挡としたのは、長拳で頻繁に出てくる動きでもあるので、

一例として紹介しました。

 

他にもこんな記事有ります。

 

以上、読んで下さって、謝謝!

ご縁のあったあなたが、健やかに、そして幸せでありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください