お尻を引き締めつつ、股関節を柔らかく! バックレッグスイング(カンフーの基礎練習)

黒豆仙人

バックレッグスイングで、お尻が鍛えられ、足は後ろへ高くあげられるぞ

 

記事では、バックレッグスイングを紹介します。

以下のような効果が期待できます。

  • 美尻になる(大臀筋、中臀筋に効く)
  • 下肢、股関節の柔軟性を高める
  • 足がスムーズに後ろへ動いてくれる
  • 後ろにいるセクハラ男の股間を蹴り上げやすくなる

 

バックレッグスイングで、胴体の反る動きがスムーズになるので、

蹴り技の幅も広がり、また後ろへの移動もしやすくなります。

 

反る動きは脊柱の柔軟性も向上させるので、

低めに足を上げるなど、加減して安全に配慮すれば、

高齢者の介護予防にも役立ちます。

 

読みすすめられる前に、準備運動にコアトレーニングの開合と、

前や横へ足を振るレッグスイング(カンフーの基礎練習)をするといいです。

まだの方は確認お願いします。↓

 

バックレッグスイングのやり方

 

まず、始める前に近くに物や人がいないか安全確認し、

転倒しないよう、どこか壁や安定した物につかまって下さい。

 

バックレッグスイングのやり方

  • 手順1
    安定した物に手をおく。もちろん、壁でも可能。
  • 手順2
    振る足は腰から下は力を抜いて、振り子のように前後に小さく振る。怪我防止のため必ず最初は小さく。無理に高く上げようとしないこと。

  • 手順3
    若い人や、柔軟性をより高めたい人は、少しずつ高くしていく。高く上げるコツは、反りを意識することと、頭の位置を低く保つこと。呼吸を止めないこと。

黒豆娘ラン

大事なのは胴体の開合で、足を高く上げる時、頭や胴体の高さを低くすると上がりやすいよ
注意

1、近くに物や人がいないか安全確認する。

2、倒れないようにすること。

3、無理に足を高く挙げようとしないこと。(慣れないと腰を怪我するから)

 

黒豆仙人

目安として、最初は左右5往復×3セットくらいやって、慣れてきたら徐々に高くしてみてね。呼吸を忘れずに!

 

足を上げるための身体の使い方のコツが掴めたり、無駄な力みが取れてくると、

足は上がってくるようになります。

後ろに足が上がると色々キックしやすくなる

黒豆娘ラン

このバックスィング、訊くまでもないけど、高く上がると蹴りが色々できそうな感じね。

黒豆仙人

そうだね、蹴り技で側踹腿なんかも高く蹴られるようになるし、他にも股間を蹴り上げる戳脚(たっきゃく)とかもそう……ブラジリアンハイキックにも必要な柔軟性だな
側踹腿
できるとカッコいいカンフーキック! ブルースリーも使う蹴り技、側踹腿(腿法)

 

※ 戳脚(たっきゃく)については、また別の記事でやり方を紹介します

 

まとめ

  • バックレッグスイングは、安全確認と転倒に注意
  • 高くあげるポイントは、胴体の反りと位置を低くする
  • 蹴り技が色々できるようになる

バックレッグスイング、についてでした。

 

柔軟、ストレッチと言うと、前ばっかりな人もいて、

世代によっては、極端に誤った情報によって、

反ることは何となく腰に良くない、腰を壊すことだと思っている人もいますが、

前後のバランスを取る意味でも、反るという動きは重要です。

 

やりすぎはよくありませんが、ほんの少しずつならよい刺激になると思います。

 

カンフー式に身体を柔らかく、あるいは足腰を鍛える方法は、他にもあります。

 

以上、読んで下さって、謝謝!

ご縁のあったあなたが、健やかに、そして幸せでありますように!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください