初心者向け、太極拳の掌底(推掌)

黒豆仙人

太極拳の初歩的な手の動き、推掌(すいしょう・トゥイザン・Tuī zhǎng)を説明するね

 

今回の記事では、太極拳でもよく出てくる推掌のやり方を紹介します。

 

簡単ですが、基礎的かつ太極拳では頻繁に出てくる動きなので、

できるようになれば目に見えて上手くなったと実感できます。

 

読まれる前に、そもそも太極拳を知らない人や、

手の形など、基本的な所を知らない人は、

 

下記のリンク先から別記事をクリックしてご覧ください。

 

推掌(すいしょう・トゥイザン・Tuī zhǎng)のやり方

 

流派によって、推掌(すいしょう・トゥイザン・Tuī zhǎng)は異なるのですが、

太極拳でも一般的な楊式太極拳のやり方です。

 

練習目的にもよるけど、太極拳なんでゆっくり動く事。

 

推掌(すいしょう・トゥイザン・Tuī zhǎng)のやり方

  • 手順1
    足を肩幅に開く。(開立歩
  • 手順2
    右手の場合、右方向を向き、右手を右方向へゆっくり挙げていく。
     
  • 手順3
    右手が肩の高さまで挙げて、掌を上に向ける。自分の顔、鼻先(意識)を右手の方へ向けたまま。
  • 手順4
    掌を自分の方へ返す。

  • 手順5
    正面へ掌を推しだす。この時、人差し指と親指の間(虎口)が、自分の鼻さき正面にくる。

自分の鼻先を、持ち上げる掌の方向や、動かし続ける掌打に向け続ける。

黒豆娘ラン

目安としては、推掌を始めから終わりまで、だいたい10秒くらいかけてやってみてね(手順2を3秒、手順3を3秒、手順4で4秒とかね)。最初は回数なんて気にしなくていいけど、気にするなら、左右3回を2セットやってみて。

 

 

コツ

肩の力を意識的に抜いてリラックスし、肘を下に向けること。(沈肩墜肘・ちんけんついちゅう)

動きを覚えたら、呼吸を意識して、腕を上げる時息を吐き、自分に引き寄せる時に息を吸い、掌で正面に推す時に息を吐く。

 

黒豆仙人

注意点としては、“肘を伸ばしきらないこと”。ついつい伸ばす時に腕を完全に伸ばしきりたくなるが、太極拳では伸ばしきらない。

黒豆娘ラン

え、なんで伸ばさないの? 伸ばした方が遠くに届くし、力も出そうな気がするけど?

黒豆仙人

それも間違いではないさ……ただ、生存を第一義とする武術的観点からすると、余力を常に残しておくことがリスクヘッジになるということと、全力で伸ばしきった時に肘関節を攻撃されると、やられてしまう危険もあるんだよ

 

 

まとめ

  • 推掌は10秒くらいかけて、左右3×2セットくらいやってごらん
  • 肩は意識してリラックス、肘は下を向く(沈肩墜肘)
  • 腕は伸ばしきらず、気持ち余力を残しておくこと

推掌(すいしょう・トゥイザン・Tuī zhǎng)、についてでした。

 

もし、よかったら他の下記のリンク先記事もご覧ください。

 

 

以上、読んで下さってありがとうございます。

健康と笑顔の毎日を過ごされますようにーー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください